【2020年】広島市でインプラントするなら!口コミで評判の凄腕歯科5選

広島市でのインプラント治療後に気をつける必要がある食べ物

広島市でのインプラント治療後に気をつける必要がある食べ物

手術後は刺激物を避けて柔らかい食べ物がおすすめ

インプラントの治療を行った後は、食べ物にも注意が必要です。

特に手術後は刺激が強い食べ物や硬い食べ物を避けましょう。

刺激が強い食べ物や硬い食べ物は術後のインプラントを強く刺激するため、痛みを感じたり出血したり、患部が腫れる原因になります。痛み止めが必要なくなるまでは刺激が少なく柔らかい食べ物にしましょう。

手術後は血流を多くしてしまうお酒にも要注意

インプラントの手術後はお酒を飲むのも控えてください。

アルコールは血中の血流を促進させてしまうため、止血を妨げてしまう原因となります。お酒以外にも血行を促進させる運動や入浴も一緒に控えるようにしましょう。特に飲酒は術後の経過に大きく影響するため、禁酒をする感覚で医者から許可が出るまで我慢するのが得策です。

半年もすればしっかり食事が取れる

十分に骨がある人がインプラントの施術を受けた場合、大体4ヶ月~6ヶ月で骨に定着するので、その後はしっかりと食事を取ることができます。

もちろん刺激物や硬い食べ物を食べる時は少しずつ慣らす必要がありますが、その分しっかりとした噛み応えを感じられるでしょう。ただ、骨が十分でなかった場合は数ヶ月ほど待つ必要があります。

インプラントは頑丈とはいえ定着後も「硬すぎる食べ物」には要注意

インプラントが定着した後は遠慮なく様々な食べ物を食べることができます。

基本的に頑丈なので早々問題を起こすことはありませんが、それでも硬すぎる食べ物は要注意です。硬すぎる食べ物は時にインプラントに影響を与えて痛みや出血等を起こす可能性があります。なるべく硬すぎるものは避けて、歯を大切に労わりましょう。