【2020年】広島市でインプラントするなら!口コミで評判の凄腕歯科5選

広島市で評判のインプラント治療|医療費控除する方法をご紹介!

広島市で評判のインプラント治療|医療費控除する方法をご紹介!

医療費控除とは

医療費控除は、一年間に一定額以上の医療費の支払を行った場合、納めた医療費の一部が戻ってくる制度です。医療費控除を受けるためには、会社が確定申告を行う企業の会社員でも確定申告時に書類を提出して申請する必要があります。

医療費をいくら支払っても、確定申告によって医療費控除の申告をしないと医療費控除を受けることはできないので、早めに準備しておきましょう。

控除額の計算方法

医療費控除は、1月から12月までの1年間で払った医療費が合計10万円を超えると、超えた分だけの医療費控除を受けることができます。医療費控除の上限額は200万円までとなっています。

また、年間総所得が200万円に満たない人の場合は、支払った医療費の合計から総所得の5%を引いた額(上限10万円)が医療費控除対象額となります。

医療費控除の申告に必要なもの

医療費控除を申告する際には治療や通院にかかる領収書やレシートをすべて提出する必要があります。また、予防注射の費用や、通院のための交通費や駐車場代なども控除の対象に含まれます。

確定申告時に医療費の明細書を作成し、確定申告書の医療費控除の欄に合計額を記入します。会社員の場合は源泉徴収票も必要になりますので、忘れずに用意しましょう。